トップページ > 英語脳メルマガ > No.10 battered

No.10 battered

わー。このスーツケース、ぼろぼろのボコボコだ
ロックがこじ開けられた後
     ↓
10suitcase-closeup1.jpg

昨晩、うちのラテン系ダーリンが、帰国。
旅のお供は、この2つのスーツケース。

この世で一番ぼろぼろのスーツケースではないでしょうか。
天下のサムソナイトも、こうなってしまえば哀れな姿。
「買い換えれば?」って思いますよね。

ところが、新しいのを買わずに、しつこく使う理由があるのです。

テロリスト対策、麻薬対策で非常に敏感になっているアメリカの航空会社。
ここ数年、我が家は毎年被害にあっています。
被害ってテロの被害じゃないですよ。
荷物検査でスーツケースを壊されるという被害です。

まだ新しかった頃に、いきなりスーツケースのど真ん中に千枚通しみたいなので
穴あけられてきたこともあるし、

グアテマラからロス乗り換えで、サンフランシスコに
いくときに、ロスで検査のためにドライバーでロックを壊されたこともあるし、

グアテマラの修理やさんで新しいロックをつけてもらったのに、
その帰路で、つけたばかりのロックをまた壊されたこともあるし。

ラテンアメリカ人だからって、怪しまれちゃうのかなー?(涙)

それで、達した結論。「このボロボロのスーツケースを使い続ける」こと。
今は、ロックなんて掛けません。まともに閉まらないので、
ベルトで無理やり締め上げてます。

それでも、「まだ壊す余裕があったのか」と感心するぐらい
毎回、角がベコンとへこんでいたり、検査で中身を出した後、入れ忘れがあるのか
中身が足りなくなっていたり(!!)被害は続いております。

前のページ> > 次のページ

コメント

battered?

どんな意味かな?まだ答えはわかりませんが、このかばんを見ながらその意味をイメージすることは面白いですね。非常に実践的な学習法と思います。

投げられたり、蹴られたりするのでしょうね。

海外旅行では、補強のために布製のガムテープを持参しなさい、とアドバイスをもらいました。

blue skyさん

そうなんですよね。
思いっきりパンパンに詰まって
重いから、余計に丁寧に扱って
もらえないのかもしれませんが...

レオさん

battered
ぼこぼこに殴られたって感じですね。

ネイティブの方とお話しながら
新しい単語を覚える時みたいに
こういう状態がbatteredなんだなと
インプットして頂ければと
思います。

ミホさーん

テロ以来、アメリカでは、空港でスーツケースを預ける時は、鍵をかけちゃいけないことになっているんですよ~

kumiさん

この頃は、ちゃんと
「鍵掛けるな」って案内してますよね。
我が家の場合、グアテマラから乗るので案内が徹底していなかったのかな?
それにしても、グアテマラで、スーツケース開けて、中身手探りで徹底的に検査するくせに、なして、ロスの乗り換え時(ターンテーブルから取って、数分後には乗り継ぎのフライトに直行、checkedのスティッカー貼ったまま)そこまで調べる必要があるのか、理解できん...

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このページのトップに戻る▲

無料レポート配布中

無料レポート「通訳の脳はどうなっている?=英語初心者が英語を話す反応を早くするためのヒント」のお申し込みはこちらから

無料レポート配布中

英語脳を作るワークブックのお申し込みはこちらから

カテゴリー

無料レポート

写真を種類別に見る

おすすめ教材等

英語関連リンク集

お役立ちリンク集

 
ホームに戻る メルマガサンプル メルマガ写真集 英語学習法 相互リンク募集中 お問い合わせ