トップページ > 英語脳メルマガ > No.30 build つくる

No.30 build つくる

男の子が雪だるまを作っています

年に一度ぐらい、地面がうっすらと白くなる程度にしか
雪が積もらない神戸の海側に住んでいる私は、
手のひらにのる程度の大きさの雪だるましか
作ったことがありません。小さいのを作って、
冷蔵庫に入れたこともあります。

小さい頃は、こんな風に自分よりも大きい雪だるまを作ることに
憧れていたものです。

もう一つの憧れは、「かまくら」。一回も入ったことありません。

一度、入ってみたいなぁ。かまくら。

☆------☆------☆------☆------☆------☆------☆

ところで、アメリカの雪だるまは3段重ねだということ
ご存知でしたか?

アメリカ在住の読者の方から、こんなメッセージを頂きました。

「日本の雪ダルマの様に、頭と胴だけのものは、
アメリカではスノーマンと認められません。
実際、庭で作っていて、隣の人にこう言われました。
What's wrong with your snowman, has he lost legs?」

ちなみに、ギネスブックの「1時間に何個のスノーマンを作ったか」
という記録に登録してもらうためには、「高さが1メートル以上、
鼻がニンジンで、手があること」と定められているそうです。

え?じゃぁ、私が作ったことのある「洗面器に入るぐらいの」
「冷蔵庫にしまえるぐらいの」大きさのは、
あくまでも雪だるまであって
snowmanと呼んではいけないということ? 厳しい...

札幌雪まつりでは、雪だるま事件もあったようです。
cfsnowman.jpg←3段重ね、ニンジン鼻、手あり!合格!

前のページ> > 次のページ

コメント

The little boy has done a good job! He made a snowman just as his height.

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このページのトップに戻る▲

無料レポート配布中

無料レポート「通訳の脳はどうなっている?=英語初心者が英語を話す反応を早くするためのヒント」のお申し込みはこちらから

無料レポート配布中

英語脳を作るワークブックのお申し込みはこちらから

カテゴリー

無料レポート

写真を種類別に見る

おすすめ教材等

英語関連リンク集

お役立ちリンク集

 
ホームに戻る メルマガサンプル メルマガ写真集 英語学習法 相互リンク募集中 お問い合わせ