トップページ > 英語脳メルマガ > No.32 custard apple カスタードアップル

No.32 custard apple カスタードアップル

カスタードアップルは、普通ハート型で緑色か茶色っぽい色をしています

英語でcustard appleと呼ばれるこの果物。
日本ではあまり知られていませんが、学名Annonaという植物に分類される
もので、類似の果物を含めると中南米やジャマイカ、カリフォルニア、
インド、スペインなど色々な国で栽培されています。

類似例文に出てきたcherimoya、atemoyaの他、
sugar apple、pond apple (or monkey apple)、soursop (or guananaba)など、
大きさ、味、形がちょっと違う様々な種類があります。

でも、全部ひっくるめてcustard appleかcherimoyaと呼ばれることも
あります。

実は、スペインのアンダルシア地方で食べたchirimoya(チリモーヤ)が
グアテマラでは見つからず、代わりにそっくりのanonaが売られているのを知り、
国によって食べ物の呼び名が違うことはよくあるので、そのパターンかと思っていました。
でも、微妙に形、色、味が違うなぁと思っていたら、
同じ仲間だけど、違う種類だとわかったのでした。

はっきり言って、chirimoyaの方がおいしいです。
皮は薄くて、さわって柔らかく感じる頃が食べごろ。
スプーンですくって食べます。
果肉は、白っぽいクリーム色で、柿の種より大きめの黒い種がたくさん入っています。

味は、砂糖を多めにいれた、パイナップル味のヨーグルトって感じ。
おいしいですよ~。あ~。なんか食べたくなってきた...(^^;)

soursop (or guanabana)の方は、そのまま食べるというより、
ジュースとかアイスクリームにされるのですが、
こっちも甘酸っぱくておいしいです。

前のページ> > 次のページ

コメント

Oh, it's like a big shell!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このページのトップに戻る▲

無料レポート配布中

無料レポート「通訳の脳はどうなっている?=英語初心者が英語を話す反応を早くするためのヒント」のお申し込みはこちらから

無料レポート配布中

英語脳を作るワークブックのお申し込みはこちらから

カテゴリー

無料レポート

写真を種類別に見る

おすすめ教材等

英語関連リンク集

お役立ちリンク集

 
ホームに戻る メルマガサンプル メルマガ写真集 英語学習法 相互リンク募集中 お問い合わせ