トップページ > 英語脳メルマガ > No.109 pieces

No.109 pieces

ホッチキス

ホッチキスって、カタカナで書かれているし、
そのまま英語でも、「ホッチキス」かと思われがちですが、
英語では、stapler と呼ばれています。

ホッチキスは、ホッチキスを(発明)販売した人の名前、
かつ、その人が設立した会社の名前です。

機関銃の発明者、ベンジャミン・B・ホッチキス の
弟、エーライ・H・ホッチキス という人が、
E・H・ホッチキス社を設立しました。

ホッチキスを発明したのは、兄の方なのか、弟の方なのかは
はっきり証明する文献は、ないそうですが、
同じしくみでも、利用の仕方によって、
ホッチキスと機関銃という 全然違うものになるって
興味深いですね。

しかし、こんな写真をわざわざ、文房具のショップでもないのに、
ブログに載せるなんてことするの、私だけ?? (^^;
メルマガの読者さんじゃなくて、たまたま、ブログに
来られた方には、「なんだこれ?」って思われそう。。。

前のページ> > 次のページ

このページのトップに戻る▲

無料レポート配布中

無料レポート「通訳の脳はどうなっている?=英語初心者が英語を話す反応を早くするためのヒント」のお申し込みはこちらから

無料レポート配布中

英語脳を作るワークブックのお申し込みはこちらから

カテゴリー

無料レポート

写真を種類別に見る

おすすめ教材等

英語関連リンク集

お役立ちリンク集

 
ホームに戻る メルマガサンプル メルマガ写真集 英語学習法 相互リンク募集中 お問い合わせ