トップページ > 英語脳メルマガ > No.135 plantains

No.135 plantains

料理用バナナ platano frito (フライパンで、焼いたプラタノ)


135platano-cocido.jpg platano cocido (ゆでたプラタノ)

東南アジアで食べられている料理用バナナ。

中南米にもあります。

カリカリのバナナチップも、ポテトチップみたいに袋入りで売られています。

バナナチップにするには、熟しきっていない青いのがいいみたいですが
グアテマラの家庭やレストランでは、皮が黒っぽくなったのを
料理する方が一般的。

皮は、普通のバナナより、厚めで、ところどころ黒くなっても、
中は、バナナみたいにぐちゃぐちゃに柔らかくはなりません。


ちなみに、スペインでは、料理用バナナは日常的に食べられておらず
普通のバナナのことを、platano (プラタノ)と呼んでいますが

こちらでは、料理用バナナを platano、
普通のバナナを banano と言い分けています。

(あ、bananoってスペルミスじゃないですよ。
 グアテマラでは、「バナノ」と言います。念のため。)

だから、日本人が「バナナを料理する」と言うと
こちらの人は、納得できないみたいですね。

いちいち、「これは、バナナじゃないのに」とつぶやいていますから。

前のページ> > 次のページ

コメント

おいしそうですよネエ。
皮も食べるんですか?
僕はバナナの皮についたあのひも状の繊維ってありますよねぇ。あの渋いヤツが苦手なんですよ(笑)バナナは大好きなんですが・・。あ、バナナって言っちゃいけないんでしたっけ。

皮は食べないですよ。

あのバナナの"すじ"というか、
何って言うんでしょう?
あれ、私もいちいち取ってます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このページのトップに戻る▲

無料レポート配布中

無料レポート「通訳の脳はどうなっている?=英語初心者が英語を話す反応を早くするためのヒント」のお申し込みはこちらから

無料レポート配布中

英語脳を作るワークブックのお申し込みはこちらから

カテゴリー

無料レポート

写真を種類別に見る

おすすめ教材等

英語関連リンク集

お役立ちリンク集

 
ホームに戻る メルマガサンプル メルマガ写真集 英語学習法 相互リンク募集中 お問い合わせ