トップページ > 英語脳メルマガ > No.137 central park

No.137 central park

パルケ・セントラル

写真の場所は、グアテマラの旧市街、ZONA 1 (ソナ ウノ=第1区)の中心に
ある「パルケ・セントラル」。

たまに観光客も見られますが、地元の人がぶらぶらしていることが多い。

日曜日には、先住民女性向けの民族衣装や、それを縫うための布を売る店等が
たくさん出て、住み込みのお手伝いさんとして働く先住民女性達で
にぎわいます。

背景に見えるのが、"運命の"大聖堂です。
なんで、"運命の"なのかというと、私がダンナに知り合ったのが
これの入り口で、結婚式も、あそこで挙げたからです。(^^;

ここには写っていませんが、左手側には国立宮殿があって
内部の壁画などを見学できます。

この辺りは、首都で一番古い地域で、古い町並みを守るために
新しい建物に建て替えることは禁止されています。

内装はモダンに変えてしまってもかまわないのですが、
外観は、元の形を修復しなければいけません。

ZONA 1 は、治安が悪く、うわさによれば、
海外協力隊員の方々は、この辺りに行くことを禁止されているらしい。

現地の人々でも、新しく発達した地区や郊外に住む方々の中には
怖くてあんなとこ行けないなんて、言う人もいます。


でも、この辺りは、私にとっては「庭」。(笑)
毎日のように歩いてきたところです。


去年まで、毎年、ZONA 1 に帰っていたのですが
義母が、車で1時間の隣の市にある新興住宅街に引っ越したので
今は、この地域に住んでいません。

でも、落ち着いて、どこかに出かけようということになったとき
私がリクエストしたのが、ZONA 1 に行って、前の家から
あるいて10分の行きなれたカフェでランチを食べることでした。

この辺りに来ると「帰ってきた」と思える。

この古い街並みや サルサをガンガンにかけて、黒い煙をはきながら
走るバス、道路でものを売る人々、地べたに座って物乞いをする人、
靴磨きをする子供...

ピシッとスーツを着た人も、民族衣装を着て頭にカゴをのせた人も
全部、普通に見かけるこの地域こそに
本当のグアテマラがある。そんな気がするのです。


ちなみに、外国人がたむろする観光地ではなく
こういう普通の街中で写真をとるときは、

首からカメラぶら下げて「私、日本人観光客です~」と
アピールするような風貌で歩いていてはいけません。(^^;

カメラが入っているとは、思われないような
普通のカバンから、さっと取り出して、さっと撮ったら
すぐにカバンにしまって、何もなかったように去っていく...

これがポイントです。

前のページ> > 次のページ

このページのトップに戻る▲

無料レポート配布中

無料レポート「通訳の脳はどうなっている?=英語初心者が英語を話す反応を早くするためのヒント」のお申し込みはこちらから

無料レポート配布中

英語脳を作るワークブックのお申し込みはこちらから

カテゴリー

無料レポート

写真を種類別に見る

おすすめ教材等

英語関連リンク集

お役立ちリンク集

 
ホームに戻る メルマガサンプル メルマガ写真集 英語学習法 相互リンク募集中 お問い合わせ