トップページ > 英語脳メルマガ > No.159 pyramid

No.159 pyramid

組み体操

娘の小学校の運動会でのワンシーンです。

ところで、とあるホームページで組み体操について

「その重さと痛みはこの競争社会の絶対的ヒエラルキーの力を
 現実のものとして実感させ...」てなことが書かれていました。

う~ん。そうきますか...

でも、人間ピラミッドで、全然違うメッセージを発している
人々もいます。

スペイン北部に、「ベンポスタこども共和国」という
主に家庭の事情で学校に行けないスペインおよび中南米、
アフリカの子供達が共同生活を送っている団体があるのですが、
彼らは収入源としてサーカス公演をしています。

私は、93年の神戸公演の楽屋で通訳(+お世話係り)をしました。

彼らの公演の締めくくりは、「人間ピラミッド」。
キャッチフレーズは、
「強いものは下に、弱いものは上に、そして子どもはてっぺんに」

共同体で育って大人になったメンバーが下を支え、
小さい子供達を登らせて、(てっぺんは7歳児だった)
強いものが弱いものを搾取するのではなく、
弱いもの、子供達を支える社会を作ろうというメッセージを
表しています。

人間ピラミッドも、人によって、いろんな見方ができるんだなと
思ってしまいました。

前のページ> > 次のページ

このページのトップに戻る▲

無料レポート配布中

無料レポート「通訳の脳はどうなっている?=英語初心者が英語を話す反応を早くするためのヒント」のお申し込みはこちらから

無料レポート配布中

英語脳を作るワークブックのお申し込みはこちらから

カテゴリー

無料レポート

写真を種類別に見る

おすすめ教材等

英語関連リンク集

お役立ちリンク集

 
ホームに戻る メルマガサンプル メルマガ写真集 英語学習法 相互リンク募集中 お問い合わせ